今すぐエントリー

企業組織の中の個人がどのように成長するかを追う

受講者の行動変容、現場での実践を効果検証するためのアンケート、育成成果のモデルの設計、分析を担当。
昨年、「育休」を取得し、今はテレワークを活用して、育児をしながら、商品開発の中核メンバーとして活躍しています。

K.NAKAMURA

商品開発1部 所属
慶応義塾大学卒 2013年新卒入社

企業組織の中の個人がどのように成長するかを追う

受講者の行動変容、現場での実践を効果検証するためのアンケート、育成成果のモデルの設計、分析を担当。
昨年、「育休」を取得し、今はテレワークを活用して、育児をしながら、商品開発の中核メンバーとして活躍しています。

K.NAKAMURA

商品開発1部 所属

慶応義塾大学卒 2013年新卒入社
大手外資系コンサルティング会社を断って、アルーへ

アルーに入った経緯は?

就職活動では、幅広い業界・企業に価値発揮をしていきたいと思い、総合系コンサルティング会社を受けていました。また、大学のゼミでは「組織文化」について研究をしていたため、幅広いコンサルティング領域の中でも人材育成領域に興味を持ち、人事領域のプロジェクトに強い企業を見ていました。しかし、就職活動を進める中で、日本にも人材育成領域に特化した独立系のコンサルティング会社があることを知り、「人材育成、コンサル」のキーワードで検索して初めて「アルー」の存在を知りました。 説明会で社長が語っていた「人の可能性を切り拓く」というミッション、方向性に共感したと共に、「人の可能性を切り拓くビジネスであれば、どんなことでもアルーの事業領域になりうる」という社長の話を聞いて、「人の可能性を切り拓くというミッションに向かって、自分自身の様々な可能性を模索しながら成長し続けられそう」と思いました。その「会社が存在する目的(ミッション)の明確さ」と「ミッションを実現する手段(ビジネス)に対する柔軟さ」のバランスに惹かれ、同時に選考を受けていた外資系コンサルティング会社は断り、アルーへの入社を決めました。
全ての経験が繋がり、積みあがって、「人の可能性を切り拓く」

これまでのキャリアについて教えてください

入社して最初に、HRコンサルティング部(営業)に配属されました。営業時代は、日々「お客様が求めていることは何か」「どうしたらお客様に価値提供ができるか」と考え続けていました。新卒としての日々をお客様に最も近い立場で過ごせたことで、「お客様のために」というビジネスパーソンとしての原点が形作られました。 また、一口にお客様と言っても、企業向けの教育研修ビジネスには、研修を企画する人事部のご担当者様と、研修を受講していただく受講者様という2種類のお客様が存在します。この両方のお客様と向き合った経験は、商品開発としての今のキャリアに活きています。
3年目からアルー社内の人事部に異動。当時の私は人事領域全般に携わっていたので、採用や育成といった人事部の花形な仕事だけではなく、労務管理や給与計算、時には体調不良者のフォロー等、組織運営の“リアル”に直面する機会もありました。綺麗ごとだけではない人事部の仕事を経験できたことで、お客様企業の人事ご担当者様がどんな立場に置かれ、どんな悩みを抱えているのかを身をもって想像・共感できるようになりました。
その後、5年目半ばで商品開発へ。新しい商品・サービスのコンセプトを考えています。
ただ商品・サービスを開発して終わりではなく、市場に浸透させていくための戦略、社内の運用体制の整備・構築までを担っています。 その際、営業や人事で培った経験がすごく活きています。 例えば人事時代に、自社の採用要件や募集要項を作るために、アルーの社員の仕事をつぶさに観察し、誰に対しても分かりやすく正確に伝わるよう言語化した経験を積んだことで、お客様の企業の中で働く社員の方々の仕事内容や課題をリアルにイメージする、すなわちターゲットを明確にした上で商品・サービスを開発できるようになりました。 また、営業・人事・商品開発と様々な立場を経験したからこそ、「全ての人材育成関係者にとって、価値が最大化する商品・サービスとはどんなものか」と考えられるようになりました。商品・サービスの評価は単純な「良い⇔悪い」の2軸で決まるものではなく、ある状況・あるユーザーのニーズに対して「どれぐらい合っているか」で決まるのだと思っています。特にアルーでの商品・サービス開発の場合は、人材育成に関わる関係者が多岐に渡るため、無数のパラメーター(人事部ご担当者様の想いや期待、受講者の実務上での課題や悩み事、アルー営業の提案のしやすさ、等)の「どこに重きを置くか?何を大事にするか?」の設定やバランスの取り方が肝になりますが、ここにもこれまでの経験が活きています。
これまで経験した3つの職種は、自分から手を挙げて異動を願ったこともあれば、会社から声が掛かってのキャリアチェンジもあります。ただその全ての経験が、「人の可能性を切り拓く」というミッションに繋がり、自分の中に積みあがっていると強く実感しています。
新しいスタンダードを生み出していく

アルーにおいて、7年目(中堅社員)として活躍するとはどのようなイメージ?

社内において「○○さんと言えばあの仕事だよね」という、その人の「代名詞」となるような仕事が一つあるイメージです。代名詞になるぐらいの仕事だから、その時のアルーにとって新規性のある取り組みや、一歩抜き出た水準、こだわり具合があります。それがお客様や周囲に認められ、その人の代名詞になっていると思います。
そんな代名詞になるような仕事は、今までの延長線上では到達できないゴールがあったり、これまでの自分の業務範囲を超えたりするような仕事の場合がほとんどだと思います。時には、ゴール自体が曖昧で、関係者の視点を考慮し、ゴールを具体化することが求められたりします。そして、そういった仕事は社内外を問わず多数の関係者を巻き込む必要があり、協力的な人ばかりとは限らないため、シビアな交渉が求められる場合もあります。さらに、最初は思ったような結果が出ず、当初のゴールに立ち返り、やり方を変え、改めて関係者を説得し、結果が出るまでPDCAを回すことが求められます。
アルーに入って7年くらいが経った中堅社員は、そういった仕事をやり抜いた経験がある人だと思っています。

「研修効果を測定・可視化するアンケート」もまさに代名詞となる仕事ですね

まだまだ検証・トライアルの段階ではありますが、アルーの研修を受講したことで、受講者の職場での行動にどのような変化があったのか(狙った行動変容が実際に起きたのか)を測定するアンケートのモデル・項目を開発しています。このアンケートで測定する項目は、どんな業界・業種でもある程度は共通する汎用的な行動(例えば「管理職」としての基本行動や「新入社員」としての基本行動等)を測定対象としています。
スポーツの世界で言えば、例えば野球やサッカーといった競技で高いパフォーマンスを発揮するためには、その競技に特化したスキルの上達が不可欠であるものの、「持久力」や「瞬発力」など、どんな競技にも求められる「核となる運動スキル」が存在すると思います。そして、競技の内容に関わらず熟達した競技者ほど、基本的にこの「核となる運動スキル」を高い水準で発揮しているはずです。私の研究領域は、まさにビジネスの世界における「核となる運動スキル」の向上・測定です。業種・業界を問わず、企業組織の中での役割に応じた期待行動は何なのか?そういった期待行動は、どんなメカニズムやプロセスを経て向上していくのか?その中で、研修という育成手法の効果・限界はどこにあるのか?こうした、世の中の経営者や人事部を長年悩まし続けている問いへの回答を、定量的なデータによる実証研究を通じて模索し続けています。誰にとっても分かりやすく、活用できるモデルやセオリーを構築することで、全ての人材育成関係者にとっての新しいスタンダードを提供することが、今の私のミッションです。
  • 採用情報

    募集対象募集学科2021年4月入社可能な大学及び大学院卒業(見込み)者
    全学部全学科(学部によって有利・不利はありません)
    募集職種総合職
    勤務地東京本社 ※入社1年目は全員、東京本社勤務です。
    勤務時間9:00~18:00
    給与大卒 29万2,000円
    院卒 33万4,000円
    ※40時間分の見込み残業代費用が含まれています。
    時間外労働手当時間外勤務手当(40時間の見込み残業代を除く)、深夜勤務手当、休日勤務手当
    ライフプランに合わせた制度・手当
    借上げ社宅制度

    20代社員を対象に、会社契約の物件に、自己負担額を抑えて住むことができます

    自己啓発支援制度

    外部研修受講に関する費用を一部補助しています

    育児短時間勤務

    子が小学校就学の始期に達するまでを限度として、本人の希望する期間、短時間勤務(例 8:00~15:00)が可能です

    子ども手当

    小学生未満の子を扶養する社員に毎月手当を支給しています

    在宅勤務制度

    育児・介護と仕事の両立支援のため、週2日を上限として在宅勤務が可能です

    休日完全週休2日制(土日)、祝日、夏季・年末年始休暇
    休暇年次有給休暇(時間単位有給休暇あり)、慶弔休暇、産前産後休暇、介護休業、アルー休暇(有給休暇を計画的に消化した社員に付与される特別休暇)
  • 会社概要

    設立 2003年10月29日
    資本金365百万円(2018年12月末日時点)
    売上高2,305百万円(2018年12月末日時点)
    従業員数171名 (連結/2018年12月末日時点)
    事業内容人材育成データ・機械学習技術等を活用した、社会人向け教育サービスの提供
    国内拠点東京本社(東京都千代田区九段北一丁目13-5 ヒューリック九段ビル 2階)
    関西(大阪)支社
    名古屋支社
    海外拠点中国現地法人、シンガポール現地法人、インド現地法人、フィリピン現地法人
  • PAGETOP