SEMINAR セミナー情報

10/13 心と体で実感する共感力の高め方

無料
組織
情報公開日:2021.10.01

アルー株式会社無料セミナー

最近、書籍やWebの記事などで「共感」「エンパシー」について目にすることが多くなりました。

言葉の意味を確認すると、「共感:エンパシー(empathy)」とは、「他者の感情や経験などを理解する能力」と定義されています。「能力」であるため、必ずしも先天的なものではなく、後天的に身につけることができると言えます。

一方、「他者の感情や経験などを理解する」ことの難易度は高いと言えます。「相手の立場に立って想像する」ことの概念や重要性を認識しながらも、どのような経験を積むと、相手のなかに起こっていることを、これまで以上に感じ取る・受け取ることができようになるのでしょうか。

そのアプローチとして、「プレイバックシアター」は一つの有効な経験になるのではないかと考えます。
プレイバックシアターとは、演じ手が、その場に参加された方のストーリー(出来事やそのときの気持ち)を聴き、即座に即興で演じて、語った方にお返しするという演劇的手法を指します。
特に、演じ手は、即興という集中力が研ぎ澄まされる環境下で、相手の人生の一部を全身で聴いて引き受け、演じる際には「その瞬間、精一杯その人を生きる」ことを(半ば無意識的に)行っている。その体験は、他者の感情や経験などを頭で思考を通して理解しようとするものではなく、心と体を総動員してありありと実感するものであると思います。

本セミナーでは、「共感」「エンパシー」について理解を深めながら、「他者の感情や経験などを理解する能力」を高めるための一つの手法として、プレイバックシアターが持つ可能性について探究していきます。
本セミナーを通して、「いつでも、誰でも、今からでも、他者を大切にしようとする心の姿勢を持つことができそうだ」という感覚を分かち合えたら嬉しいです。

<以下のようなお悩みの企業様にお役に立てるセミナーです>
● 研修の企画・運営をされる方
● メンバーを支援・育成するメンターやOJT担当の方
● 部署運営をしているチームリーダーや管理職の方

※ 本セミナーは、08月26日、09月30日開催「心と体で実感する共感力の高め方」と同様です。

  • 日時

    2021年10月13日(水) 14:00~15:00(日本時間 GMT+9)

  • 対象

    人事部門・教育部門など研修企画・実施に関わる方

  • 料金

    無料

  • 講師

    高橋 直裕

    アルー株式会社 商品開発部 マップ・ラーニング開発G グループマネジャー
    愛知県出身。米国州立ネブラスカ大学リンカーン校 舞台芸術学部演劇学科卒。
    新卒でアルー株式会社に入社。10年以上にわたり、教育研修プログラムのカスタマイズ・新規開発に従事。幅広い業界、階層、テーマの教材開発を経験。新入社員~中堅社員の講師登壇も行う。
    シアターゲーム、プレイバックシアター、アートセラピーなど演劇やアートの手法に関心を持ち、アイスブレイクやチームビルディングに活用し、誰もが安心して参加できる場づくりを探究している。

  • 備考

    配信形式:Webセミナー(Zoom Webinar)


    申込期限:10月12日(火)0:00まで(GMT+9)
    セミナーURL送付:10月12日(火)中に送付します
    参加方法:メールでご案内するZoomのURLから参加ください



    研修を事業とされている企業などの同業他社様、「個人」の方のお申込みはご遠慮いただいております。

  •  
お申込みはこちら