100本ノック

One Hundred Knocks

挑戦の数をたくさん積み重ねる100本ノックTMアプローチで、
「わかる」から「できる」の壁を乗り越え、現場での活用イメージを持っていただく
挑戦の数をたくさん積み重ねる100本ノックTMアプローチで、「わかる」から「できる」の壁を乗り越え、現場での活用イメージを持っていただく
アルー株式会社では、研修を受ける皆さんが「現場での活用イメージが持てる」育成施策のご提案をしております。

【学びのポイントをシンプルにする】こと、【演習の仕掛けと量を徹底的に考える】こと、そして、【習うより慣れろ、という成長プロセスの設計】、この3つ
のポイントを軸にした研修設計で受講者の学びを最大化しております。
「習うより慣れろ」は、できるまでやるという考え方を基軸に、体系化された学びのポイントを演習に組み込み何度も繰り返し挑戦
することでスキル定着化を図るという、頭で理解するだけではなく体に覚えさせるアプローチです。

学びのポイントをシンプルにする
  • 成果に影響を与える要素をシンプルに構造化して「今日一日で学ぶ全体像」を提示する
  • 受講者が「迷子」になることを防ぎ、常に「今やっていることは全体像の中でどのポイントか」を明確化する
演習の仕掛けと量を徹底的に考える
  • 理解度を高めるアプローチを演習に盛り込み、数をこなす
  • 「実践+失敗」「他者へ教える」といった状況を盛り込むことによって、さらに効果を高める仕掛けをする
  • 演習が研修全体の中で8割程度を占めるようなカリキュラムを設計する
習うより慣れろ、という成長プロセスの設計
  • 習熟の過程に必要な経験を、1プログラムの中に順序立てて設計する。
  • 成長の過程を細分化し、ステップ・バイ・ステップで各段階に応じた経験をさせることで、成長スピードが加速する。
  • 「わかる」と「できる」の間にある壁を乗り越えるための行動習慣を研修の中で定着する


お問い合わせボタン
お問い合わせボタンお問い合わせボタン
お問い合わせボタン お問い合わせボタン
お問い合わせボタンお問い合わせボタン