COLUMN コラム

どうすれば、一人ひとりがヴィジョンとのつながりを持てるのか?(ヴィジョンの構想プロセス③)

落合文四郎
Alue co.jp CEO
2021.09.02

前回ならびに前々回の記事において、ヴィジョンの構想プロセスについてお話しをしてきました。これまでの内容をまとめると次のようになります。

ヴィジョンの構想プロセス(途中まで)
①主体的真理から始める
②意識の自然な流れと、意識の偏在のギャップに注目する
③問いを立て、直感を活用する

今回の記事では、このヴィジョンの構想プロセスの最後のポイントについてお話しします。

上記の①〜③のプロセスは個人で行うプロセスになりますが、個人で構想したヴィジョンあるいは、ヴィジョンの元となる直感をもとに、チームで共創するプロセスが最後のポイントになります。

人は完璧なヴィジョンを求めていない
もし、みなさんがチームリーダーから、次のように伝えられたらどのように思うでしょうか?

私が考えた素晴らしいヴィジョンがある。このヴィジョンは、世の中の多くの人の生活を向上させるものだ。このヴィジョンを実現することで、世の中の多くの人の役に立つだけではなく、それに関わるみなさんも大いなるやりがいをもてるだろう。

このヴィジョンの実現には14のプロセスがある。そして、このプロセスの完遂に必要な機能は9、すなわち9つのチームが協働していく必要がある。それぞれのプロセスには、50-100の業務手順が定義されており、それを実行すればこのヴィジョンが実現できるプランになっている。

いかがでしょうか?このチームに参画して、一緒にヴィジョン実現をしたいと思うでしょうか?

おそらく、「ここまで計画立てることができるのは素晴らしいけど、自分が関わることの意味があまり理解できず、ワクワクしない」というような感想をもつのではないでしょうか。

リーダーの立場になると、「ヴィジョンはリーダーが掲げるべき」というようなべき論に捉われて、全部自分一人で考え、なるべく完璧なヴィジョンを設定しなければいけないと思ってしまうことがあります。

しかし、人は完璧なヴィジョンを求めていません。

ヴィジョンを構想するという段階であれば、誰かが自分で考えたヴィジョンを与えられるのではなく、一緒に創るというプロセスに参画できることを求める人が多いのではないでしょうか。

すでにヴィジョンがある場合であっても、そのヴィジョンには奥行きや広がりがあることで、自分がやりたいこと、ありたい姿、主体的真理と重ね合わせる余地を求めているのではないでしょうか。

ヴィジョンは与えるものでも、与えられるものでもなく、共創するもの
これまでお話しした冒頭の①〜③のヴィジョン構想プロセスは、個人の中で進めていくプロセスでした。そこで直感したヴィジョンがそのままチームのヴィジョンになるわけではありません。

チームに参画するそれぞれの人が、①〜③の構想プロセスで捉えた自分なりの直感やヴィジョンの種をもとに、チームとしてのヴィジョンを共創するのが、最後のプロセスになります。

チームとしてのヴィジョンを共創することで、もともとの一人ひとりの直感やヴィジョンの種とは異なるかもしれませんが、一人ひとりが自分の主体的真理とのつながりを感じられるチームの共有ヴィジョンを導出することができます。

繰り返しになりますが、ヴィジョンを共創するというのは、ヴィジョンを構築する段階であっても、既にあるヴィジョンを再解釈するという場面であっても変わりません。

既にヴィジョンが存在するという場合は、一人ひとりの直感やヴィジョンの種をもとに、既にあるヴィジョンを再解釈するということになります。チームのヴィジョンに奥行きや広がりがあって、一人ひとりがチームのヴィジョンを再解釈する余地があり、それぞれの解釈を共有できる場があれば、ヴィジョンを共創していると捉えることができます。

どちらの場合も、一人ひとりの主体的真理につながった直感やヴィジョンの種を持ち寄って、重ね合わせをしていくことは共通しているからです。

対話とマッシュアップによってヴィジョンを共創する
ヴィジョンを共創するためには、対話とマッシュアップを使いわけることが大切になります。

対話とは、自己開示と傾聴による相互理解を促進するものであり、一人ひとりの目指したい姿や原体験などについて言語化されたものだけではなく、非言語的なものを含めて共有するプロセスです。「みんな違って、みんないい」という状態を実現するためのものと言えます。

マッシュアップとは、もともとは音楽業界で使われていた言葉で、異なるものを1つに融合・統合することによって創造するという意味があります。ヴィジョンの共創においても、一人ひとりの異なる思いを1つに融合・統合するスキルフルなディスカッションのことを指します。「みんな一緒に、みんないい」という状態を実現するためのものと言えます。

対話をしながら相互理解を進めていき、違いを違いとして認めながら、マッシュアップによって、全員で共通して目指していきたいヴィジョンを描いていきます。既にヴィジョンがあるという状況であれば、対話による相互理解をしながら、ヴィジョンをどのように解釈することで、一人ひとりの主体的真理につながったものとして捉えることができるかをディスカッションするというイメージになります。

そして、対話とマッシュアップは一方通行ではなく、何度も行き来します。マッシュアップによって共通する部分を見出しながら、人によって違う部分は、その違いがどのような経験や価値観からくるのかを対話によって相互理解を深めます。相互理解が進むと、最初は違いと認識していたものが、実は共通する部分がありそうという発見につながり、再びマッシュアップに戻ったりします。

このような対話とマッシュアップをベースとしながらも、実はもう一つ「決断と保留」という要素があります。これはマッシュアップした内容に対して、自分としてどのように関わるかについての決断と保留という要素です。この要素があることによって、一人ひとりの主体的真理とのつながりを捨象せずに、「みんな一緒で、自分(一人ひとり)もいい」という状態を実現することができます。

決断の内容によっては、「その時点においては、そのヴィジョンの実現には参画しない」ということもあるかもしれません。チームメンバーになる予定の人が離れていってしまうことは寂しい気持ちがしますが、その人の主体的真理を大切にするという観点から言えば、そのような決断をする個人とチームを尊重したくなるのは私だけでしょうか。

対話とマッシュアップの使い分けについてお話ししてきましたが、私自身の例を用いて、もう少し具体的なイメージをご説明したいと思います。その例として挙げたいのは、この記事で書いている内容を探求してきた「意識の意識化」プロジェクトです。このプロジェクトは、最初から最後まで(そして、今も!)対話とマッシュアップの連続であったといっても過言ではありません。

対話という面でいえば、それぞれの生い立ち、家庭環境、大学時代に熱中したこと(これはテニスサークルで一緒だったので既に共有されていました)、社会人になってからの葛藤のストーリーなど、様々なことについて対話をして相互理解を深めていきました。

それと同時に、探求した内容をアウトプットするときには、侃侃諤諤のスキルフルディスカッションをします。議論がヒートアップして夜遅くまでディスカッションしたこともありますし、チャットのやりとりが1日で100往復くらいしたこともあります。

このような対話とマッシュアップの繰り返しによって、「意識の意識化」プロジェクトを通じて目指す世界を共有することができましたし、その世界に向けたアウトプットも結晶化することができました。

そして、幸いながら、初期メンバー3人が最後まで抜けることなく完遂することができました。換言すれば、一人ひとりの主体的真理とのつながりを感じ続けることができ、このプロジェクトに参画し続けるという決断をし続けることができたと言えます。

ここまでヴィジョンの構想プロセスの終盤となる「ヴィジョンの共創」についてお話ししてきました。これまでの内容をまとめると次のようになります。

ヴィジョンの構想プロセス
① 主体的真理から始める
② 意識の自然な流れと、意識の偏在のギャップに注目する
③ 問いを立て、直感を活用する
④ 対話とマッシュアップによって、ヴィジョンを共創する

落合文四郎blog
2021.09.02