セミナー

特別セミナー

中国で勝負をかける日系企業の事業戦略と組織戦略


  開 催 主 旨  

高度成長期から中高度成長期へと転換し、新常態(ニューノーマル)と呼ばれる時代に突入した中国経済市場。
あらゆる産業、そして地域の景気が過熱していた時代から、現在は適正な成長速度の保持を重視する政策のもと、 産業別・地域別に景気はまだら模様の状態が続いています。
そして、中国現地企業も日に日に力をつけてきており、日本が得意とする「質」の部分でも、 付加価値・差別化を出すことが難しく、より高付加価値のサービスが求められてきているのではないでしょうか。


こういった状況下では、従来通りの「日本人」を中心とした「日系企業」への事業活動から、 「中国人」が中心となり、「現地企業」への事業活動も行い、中国人から求められるサービスを 提供していくことが必要なると考えられます。


事業、組織変革には、従来とは違った新しいやり方、新しい考え方を求めるのは付き物であり、 そして、それを求めるだけでなく、実行に移し、事業目標の達成に繋げていかなければいけません。


本セミナーでは、長年中国で活躍する組織開発に関わったプロが、講演、ディスカッションを通じて、 「変革期を勝ち抜き、成功へと導く組織」を開発するために、“今”中国人経営幹部に求められる 組織への関わり方をご紹介いたします。


  プ ロ グ ラ ム  

第一部:基調講演

ビジネスモデル変革を担う中国人幹部の思考と行動

日本ペイント大学 校長 徐穆德氏

第ニ部: 講 演 

事業の現地化を推進させる中国人幹部の要件と育成

IBM中華エリア総経理 崔海涛氏

※上記講演「中国語」のため、日本語交互通訳により実施いたします

※講演内容は一部変更となる可能性がございます



  講師紹介  
日本ペイント大学 校長 徐穆德氏
米国ジョージア州立大学MBA卒業後、ジョンソン&ジョンソン、ユニリーバ、マース社、ノキアなどで 20年に渡って勤務し、人事および教育研修部門マネジャー、マーケティングマネジャーなどを歴任。 現在、立邦大学(日本ペイント大学)校長として社員教育に従事している。
IBM中華エリア総経理 崔海涛氏
復旦大学を卒業後、ウェスタンオンタリオ大学でMBAを取得。 20年に渡って、AT&T、Ericsson、Intelにて管理部門を歴任し、特に北米とアジア・太平洋地域にて、 企業、政府と国家機関へのコンサルティングサービスに従事。 現在、IBMの中華エリア総経理として中国、香港、マカオ、台湾を地域に活動している。

日 時 11月13日(金) 14:00~17:00 ※開場13:30
会 場 メトロポロホテル (锦江都城上海青年会经典酒店) 2F 茂悦
住所:上海市黄浦区西藏南路123号[地図
※地下鉄8号線「大世界駅」より徒歩1分
対 象 従業員約40名以上の企業の総経理、副総経理、事業責任者、管理部門責任者
※統括会社様ならびに管理会社様の場合は、統括・管理下の従業員数で算出
※同業の方、個人および学生の方のお申し込みはご遠慮ください
料 金 無 料
お問合せ <日本本社>
アルー株式会社 セミナー運営事務局
TEL: +81-3-6268-9791
<上海現地法人>
艾陆企业管理咨询(上海)有限公司    担当:原田
TEL: +86-21-6073-1268(内線:828)      

お申込みはこちら