G-SPEC(Global organizational Survey on Psycap, Engagement and Competitiveness)

グローバル競争力のある組織変革を促進させる自己認識サーベイ

ポイント

Point1: 氷山モデル

目に見えるハード構造部と、目に見えないソフト構造部を理解する

Point2: Competitiveness

グローバル化の4つの要点(「強相関からくる不確実性」「『潮流』に組み込まれる」「マーケット」「グローバル競争」)を理解する

Point3: Psycap

4つのポジティブな心の状態(「希望力」「自信力」「再起力」「楽観力」)を理解する

G-SPECモデル

g-spec

概要

対 象

新人~管理職

効 果

組織改革の促進、“対話”を通じた組織の“自己改革”

目 的
  • グローバルに競争力(Competitiveness)のある組織行動が実践できているか、その行動を生み出す源泉となるPsycap(ポジティブ心理資本)、Engagement(エンゲージメント)を醸成する 組織文化が形成されているかについて、 自己認識を促すサーベイ
  • 組織変革を生み出していくために、制度や行動の変化による問題解決だけではなく、組織メンバーの複数の視点を捉えて、組織として学習と自己変革を行います
  • 個人のポジティブ心理資本の強化+個を活かす組織風土によって組織にポジティブな変化がもたらせます
  • ポジティブ心理資本の高い個人と組織の質の高い関係性が継続的なグローバル競争力のある組織行動を生み出します

※ポジティブ心理資本(通称:サイキャップPsyCap)とは
ポジティブな心の状態のことで、「Hope(希望力)」 「Efficacy(自信力)」「Resiliency(再起力)」「Optimism(楽観力)」 の4つの要素により特徴づけられるものである

日 程
2日
受講人数
適正人数24名/1クラス
最少10名~最大36名程度

サービス


「 G-SPEC(Global organizational Survey on Psycap, Engagement and Competitiveness) 」のトップへ