総合職への職掌転換者100本ノック

総合職への職掌転換に際して、求められる役割期待の意識付けと
基本的な営業スキルの習得により、今後の活躍イメージを描く

ポイント

Point1: 意識付け

役割期待の変化「仕事は自ら創り出す」

Point2: スキル付与

基本的な営業スキル「関係構築・ヒアリング・提案」

Point3: 活躍イメージ

活躍のためのポイント「培ってきた経験を活かす」

概要

対 象

総合職へ職掌転換をする方

課 題
  • 職掌転換後に何を期待されているのか、 よくわからず不安だ
  • 様々な方との付き合いが増えるので、初対面での関係の築き方を学びたい
  • 営業をするにはニーズを捉えることが必要だと知っているがやり方がわからない
  • 説明が一方的となり、自分が伝えたいことが伝わらないことがある
効 果

役割期待の認識/スキルの 習得/活躍イメージの醸成

目 的
  • 職掌転換後に求め られる役割期待と3つの スキルを理解し、 演習を通じて学び、今後の活躍イメージキャリアを描きます
  • 仕事の場面を取り上げたノック演習を「100本ノック」で繰り返す中で、実務に落とし込むフィードバックを行い、実践につなげます
日 程
1日
受講人数
適正人数24名/1クラス
最少10名~最大42名程度

受講者の声

  • 「どういう風に期待されているのかがわかり、今後持つべき姿勢がわかった」
  • 「関係作りの第一歩目がわかった。『笑顔の スイッチ』は自分にもできると思った」
  • 「まずは心から相手を受け入れる気持ちを持って、相手のことを理解しようと思う」
  • 「相手の理解を確認しながら説明をすることが大切だとわかった」

サービス


「 総合職への職掌転換者100本ノック 」のトップへ