ダイバーシティマネジメントプログラム

多様化・複雑化する職場環境・企業組織における
管理職としての基本原則を学ぶ

ポイント

Point1: 基本概念

同じ人間だが、2人として同じ人はいない

Point2: 自分を知る

自らのマネジメント観を相対化する

Point3: 意思決定する

ビジネスパフォーマンスの向上

概要

対 象

管理職

課 題
  • メンバーの属性や価値観が多様化しており、その対応に苦慮している
  • マネジメントの基本は学んだが、現代の環境変化に合わせて知識をアップデートしたい
効 果

管理者としてのスタンス固め

目 的
  • ケースを通じて、多様性が織り成す複雑性を体感し、 葛藤し、自らのマネジメント観と向き合います
  • ダイバーシティマネジメントの原理原則が、頭で理解されているだけでなく、意思決定軸の一つとして体得されている状態を目指します
日 程
1日
受講人数
適正人数20~24名/1クラス
最少10名~最大42名程度

受講者の声

  • 「多様性が生み出す葛藤場面への免疫がついた
  • 「多様なメンバーを前にしても、覚悟を持って意思決定することの重要性が理解できた
  • 「自らの固定概念の特性がわかった」

サービス


「 ダイバーシティマネジメントプログラム 」のトップへ