ダイバーシティマインド100本ノック

多様化する職場環境において、求められる心構えと
基本的な関係構築スキルを習得し、今後の活躍イメージを描く

ポイント

Point1: 基本的な心構え

相手のことを尊重し、 相手のことを想像する

Point2: 基本的な関係構築スキル

1.一歩踏み出す 2.背景を理解する 3.コラボレーションする

Point3: 活躍のためのポイント

社会人の「型」を身につけ、 その後、個性を出す

概要

対 象

新入社員から若手社員の方

課 題
  • 世代や文化、意見の違う相手とどう接して よいかわからず不安を持ち、距離を取る
  • 相手から話しかけられるのを待つ受身の 姿勢である
  • 海外留学をして自己主張はできるように なったが、相手を理解することはできない
  • 波風を立てないようにするあまり、議論が 深まらず表面的な妥協案で結論付けてしまう
効 果

心構えの認識/スキルの習得/活躍イメージの醸成

目 的
  • 冒頭で、多様な職場に 求められる心構えと 3つのスキルをノック演習を通じて学び理解し、 最後に今後の活躍イメージを描きます
  • 多様化する職場の場面を取り上げたノック演習を「100本ノック」で繰り返す中で、相手について深く考える機会を提供します
日 程
1日
受講人数
適正人数24名/1クラス
最少10名~最大42名程度

受講者の声

  • 「関係作りの第一歩目がわかった。話しかけるきっかけ作りは自分にもできると思った」
  • 「どんなときも判断をいったん保留して、相手のことを理解するために質問しようと思う」
  • 「意見の背景まで知ると、見えていない視点や長所に気付くことができるとわかった」
  • 「まずは、多様な人との関係を作りながら、 社会人の『型』を習得しようと思う」

サービス


「 ダイバーシティマインド100本ノック 」のトップへ