ビジョンメイキングプログラム

経営者と現場をつなぐ統括者として、魅力的なビジョンを策定、実行する

ポイント

Point1: ビジョン構想

1.全社 戦略の ブレイクダウン 2.ビジョン構想 3.ゴール設定

Point2: 現場へのコミュニケーション

1.コミュニケーションプランの立案 2.実践

Point3: 現場へのコミュニケーション

1.抵抗への対処 2.継続実行

概要

対 象

管理職、新任担当部長

課 題
  • 上位戦略を自分の言葉で語ることが できない
  • 上位戦略を自組織としての意義などを関連させずに、部下に伝達してしまう
  • 自組織のビジョンへの十分な巻き込みができない
  • 自組織の中核メンバーの意思が組み込まれたビジョン策定ができない
  • ビジョンと現場の実行計画が紐づいておらず、ビジョンが絵に書いたもちに終わってしまう
効 果
  • 全社視点の戦略を立案し、組織に求められている役割を認識することができている
  • 自組織が目指す魅力的なビジョンを策定できている
  • 策定したビジョンを伝達、共有、浸透させる計画が明確になっている
  • 策定し共有したビジョンを実行、実現していく中での抵抗や反発が起こることを認識し、 それらと向き合い、やり遂げる決意が固まっている
目 的
  • 全社視点で戦略立案し、自組織のビジョンを周囲(部下)に共有し浸透させ、実行し実現するビジョン構想を向上させます
  • 同じ立場の受講者同士のディスカッションを通じて刺激し、意識を高めあい、経営と現場をつなぐ、統括者として役割認識を醸成します
日 程
2日
受講人数
適正人数24名/1クラス
最少10名~最大42名程度

サービス


「 ビジョンメイキングプログラム 」のトップへ