新入社員のやる気を引き出すメンター100本ノック

新入社員の相談役としてのメンターの役割を学び、
メンタリングに必要なスキルを身につける

ポイント

Point1: 役割

メンティ(新入社員)を「点」にしない支援を行う

Point2: 3つのスキル取得

「聴く」「捉える」「フィードバックする」

概要

対 象

メンター担当者、若手社員から中堅社員

課 題
  • メンターとして何をすればいいか、わからない
  • 新入社員の話を上手に聞く事ができない
  • 新入社員の状態がよくわからない
  • 新入社員をより良い状態にするための働きかけがうまくできない
効 果

新入社員へのメンター活動における役割認識とスキル向上

目 的
  • メンター活動の役割認識と3つのスキル(「聴く」「捉える」「フィードバックする」)を理解し、複数のノック演習を通じて学びます
  • 仕事の場面を取り上げたノック演習を「100本ノック」で繰り返す中で、実務に落とし込むフィードバックを行い、実践につなげます
日 程
1日
受講人数
適正人数24名/1クラス
最少10名~最大42名程度

受講者の声

  • 「メンターとして何をすれば良いかが明確になった。積極的に実践していこうと思った」
  • 「まずは聴くだけで良い、ということが良くわかった。普段の業務でも実践してみたい」
  • 「相手の状態の捉え方がわかった。これからもっとよく相手を見てあげたいと思う」
  • 「フィードバックで相手が自分の状態に気づくことがわかった。すぐにやってあげたい」

サービス


「 新入社員のやる気を引き出すメンター100本ノック 」のトップへ