プロフェッショナルスタンスフィールドワーク

日常のビジネス環境とは異なるフィールドワークを通じて、
本音で振り返り、仕事上の自分の武器(=強み)を認識する

ポイント

Point1: 本音の振り返り

いつもと違う環境での振り返りにより本音を出す

Point2: 「強み」の言語化

自分と他者の2つの観点をすり合わせた強みを言語化

Point3: 日常の仕事との連動

振り返りセッションを通じて日常の業務と紐づけ、実務につなげる

概要

対 象

新入社員から入社3年目

課 題
  • 振り返りの時間を中々取れず、自身の課題や強みを整理できていない
  • 先輩や同期と自分を比べてしまい、組織や部署での自分の存在価値を見失っている
  • どのように自分の課題を克服したら良いかが明確ではない
効 果

仕事上での自分の武器を認識できる

目 的
  • 日常のビジネスと違う環境の中で、本音の振り返りをすることで、より深く明確な自分の強みを認識し、フィールドワーク中に、Missionをクリアしていくことで、仕事上の自分の強み及び課題を認識します
  • 課題克服のためのアクションプランを立案することで、仕事の進め方を振り返ります
日 程
1日
受講人数
適正人数24名/1クラス
最少10名~最大42名程度

受講者の声

  • 「いつもと違う環境で自分と向き合う時間を作り、さらに共有することで、自分の強みと課題が認識できた」
  • 「周囲の方から見える自分の強みの共有によって、自信を持つことができた」
  • 「振り返りを通じて、自分の強みをどのように課題克服に活かすと良いかが分かった」

サービス


「 プロフェッショナルスタンスフィールドワーク 」のトップへ