経営戦略推進

経営方針・戦略のあるべき姿を定義し、
実現に向けた解決施策を実行

ポイント

Point1: 課題の全体像把握

経営幹部を巻き込み集中討議・合意形成

  • 全社レベルの経営課題の発見と共有
  • 優先順位の明確化・合意形成

Point2: 外部との協働

パートナーによるファシリテーション

  • 業界や個社固有の常識に捉われない大胆な構想を検討
  • ビジネスパートナーとの徹底議論

Point3: 実現体制の構築

各施策のプロジェクト化

  • 各プロジェクトの目標・アプローチ・実行計画・責任者を設定、管理体制を構築
  • 概要

    対 象
    経営層、事業部長、上級管理職、担当課長等
    課 題
    • 目先の課題に追われて「あるべき姿」の議論ができていない
    • ステークホルダーが多く、全体合意を得るプロセスに膨大な労力を要する
    • 討議はするが、まとまりや現実感のないアウトプットになってしまう
    • 変革として打ち出せるような新鮮な視点に欠けている
    • 課題が複雑でどこから着手すべきかを優先順位がつけられない
    • コンセプトだけで実現に繋がる実行計画にまで落とし込めていない
    目 的
    • テーマ別に重点課題の洗い出しと優先順位付け、解決の方向性とステップの検討・実行
    • 役員や上位役職者等を交えた1日集中討議の場を創造
    • 外部の経験豊富なファシリテーションにより、参加者の本音を徹底的に引き出し、新たな気付きや、納得感を得る
    • 課題意識を言語化することにより、個々の持つ思考や想いが再認識され、意思決定や変革、施策の実行スピードが向上
    • 本音でぶつかり合うことで、お互いを知る機会となり、円滑なコミュニケーション実現
    • ファシリテーションノウハウの提供により、会議の効率化、生産性向上
    日 程
    1日
    貴社の課題に応じて、自由に設定。これまで未検討の新しいテーマの設定も可能

    サービス


    「 経営戦略推進 」のトップへ