グローバルリーダーシッププログラム

「グローバルビジネスで勝ち抜くリーダー」となるための
基礎的なスタンス・知識・スキルを身につける

ポイント

Point1: 前提

企業のグローバル化についての理解

Point2: 大原則

「違い」を乗り越え、成果を出す

Point3: 5つのポイント

「原理原則の浸透」「コミュニケーションスタイルの理解」 「積極的な自己開示」「経営者視点での意思決定」「紛争の解決」

概要

対 象

グローバルビジネスに関わるリーダーとして、統括していく中堅層から管理職層

課 題
  • 自社・自部門にとってグローバル化とは何か、 なぜ必要なのか、どのように進めていくべきなのかがイメージできない
  • 海外現地では、どのようなリーダーシップが求められるのか、そもそも日本国内で求められてきたリーダーシップとの違いは何かがわからない
  • 海外現地で起こり得る問題は何か、その問題に対して具体的にどのように対処していけばよいのかが わからない
効 果

海外現地で求められるリーダーシップを開発し、実践できる

目 的
  • グローバル化を進める企業のケーススタディを通じて、企業のグローバル化における要点と、自社・自部門にとってのグローバル化について考えます
  • グローバルリーダーシップの大原則と5つのポイントを、複数のケーススタディと 演習を通じて学びます
  • 実際に海外で働く上で一つの指針となる「ありたい姿」を、会社と 個人の目標から描き、日頃からその姿の実現に向けた行動を自ら起こしていく 状態をつくります
日 程
2日
受講人数
適正人数20名/1クラス
最少10名~最大30名程度

受講者の声

  • 「企業を取り巻くビジネス環境を整理して捉えることができ、自社・自部門がグローバル化とどのように 向き合っていけばよいのかが理解できた」
  • 「文化背景が異なることで生じる『違い』を理解する ことができ、海外現地では具体的にどのような リーダーシップが求められるのかがわかった」
  • 「海外現地で現実に起こった問題を知ることができ、自分事として捉えられたとともに、対処する方法を 学べた」

サービス


「 グローバルリーダーシッププログラム 」のトップへ