現場で通用するビジネス文書e100本ノック

ビジネスパーソンとして持つべきビジネス文書における
「3つの視点」と「5つの型」を学ぶ

ポイント

Point1: 心構え

相手を思いやる3つの視点
(「相手」の立場に立って、「相手」の知りたいことを、「相手」にわかりやすいように)

Point2: 基本動作

5つの型 (1.社内文書 2.社外文書 3.社内eメール 4.社外eメール 5.ファックス)

e100本ノックの流れ

事前資料

事前資料として、講義DVD、DVD講義資料、演習問題を受講者様のご指定の住所(自宅・勤務先)に送付

※受講される講座によって、DVDの有無が異なります

問題送付

問題・解答用紙は、受講者様の個人ページ(会員サイト)よりダウンロードします

解 答

解答後会員サイトより解答をアップロードします。弊社で解答状況の確認後、各解答の添削・採点に移ります

添削・採点

解答状況の確認の後、各受講者様の解答に対して、弊社添削スタッフが個別に添削を行います

成績管理

添削結果や成績の状況については、いつでも会員サイトにて確認することが可能です。法人研修でご利用の場合は、受講者様の成績状況を確認するといった用途にも対応しております


概要

対 象

新入社員から入社3年目

課 題
  • 正しい文書(社内・社外)を書くことができず、相手に伝えたいことが伝わらない
  • eメールを書く際のポイントがわからず、 eメールを送るまでに時間がかかる
  • ファックスの書き方、送り方がわからない
効 果

ビジネスパーソンの基礎スキルであるビジネス文書の「型」を中心に学ぶ

目 的
  • 読み手の視点を持って文書を作成することの重要性を認識し、必要となる心構えを身に付けます。また、内定期間中にビジネス文書の基本をマスターしたい場合にもお勧めの講座です。
  • 社内外の通知文書、議事録、eメールなどの作成をする場面を題材に、空欄補充形式で文書の「型」を把握し、悪文訂正形式で社会人として適切な文書作成する方法を学びます
日 程
1ヶ月に8本(1週間に2本ずつ)全4週間

サービス


「 現場で通用するビジネス文書e100本ノック 」のトップへ