WEICとのeラーニング「超速中国語シリーズ」における販売契約について ~中国ビジネスに強い人材づくりを語学面からも積極バックアップ~

2012年02月07日
アルー株式会社

アルー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 落合文四郎、以下「アルー」)は、株式会社WEIC(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 内山雄輝、 以下「WEIC」)と「超速中国語シリーズ」の販売契約を締結いたしました。本契約により、中国派遣型研修のサポートツールとして、日本人の語学面のフォローアップ強化が可能となりました。

昨今、日本企業にける人材のグローバル化、特に中国市場に対応できる人材の育成は急務となっています。その背景には、中国経済の急成長と、日本企業の中国市場進出があります。成長著しい中国は、早期の経済復興が求められている日本企業にとって魅力的な市場であり、これからも進出企業が増える見込みがあります。中国でビジネスをする上で、中国語の習得は英語以上に必須となっています。そのような背景からか、2001年には3万人前後だった中国語検定の受検志願者数は、2010年度には6万人以上と、2倍に達しています。

アジアナンバー1の人材育成企業を目指すアルーは、中国をはじめとしたアジア新興国に現地法人を置き、日本人従業員を現地にて長期間派遣し、現地でのフィールド ワークや同年代との交流、他社現地法人の訪問などを通じてアジア新興国とのビジネスに必要なグローバル感覚を身につける研修サービス・研修プログラムを提供し、成功をおさめてきました。

WEICは、最新のICTを語学学習に応用した「楽しく」「いつでもどこでも学べて」「しかも効果的」な語学学習3.0を提唱し、大手企業を中心とした300社以上に「超速中国語シリーズ」を導入、延べ2万人以上の中国語が話せる人材を育成してきました。同社の「超速中国語シリーズ」は、子供が言葉を覚える過程をシステムで再現することで、0ベースから中級レベルまでの中国語習得を短期間で可能にするSaaS型中国語学習システムです。ゲーム感覚の学習ドリルをクリアしていくだけで、中国語の「聴覚イメージ」を脳内に形成し、リスニング及び会話能力を飛躍的にアップさせるという、今までの中国語学習の常識を超えた学習プラットフォームとなっています。

この度のWEICとの提携により、アルーは、中国派遣型研修の強力なサポートツールとして語学面のフォローアップが可能となるだけでなく、中国市場での成功を目指す多くの日本企業への語学面での支援が可能となります。初年度は、100社への導入を目指しています。

株式会社WEIC 企業概要

設 立
2004年11月
本社住所
東京都新宿区高田馬場1-29-8 新宿東豊ビル5階
資本金
196,840,000円 (資本準備金を含む)
代表者
代表取締役社長 内山雄輝
事業内容
言語教育に特化したeラーニングシステムの構築及びサービスの提供、eラーニング製品の開発と販売・導入支援・コンサルティング等さまざまな保守サービスの提供、新興国進出コンサルティング事業
企業HP
http://www.weic.jp/

アルー株式会社 企業概要

設 立
2003年10月
本社住所
東京都新宿区市谷本村町3-29 FORECAST市ヶ谷7F
海外拠点
上海、インド、シンガポール、インドネシア
資本金
118,825,000円
代表者
代表取締役社長 落合文四郎
事業内容
グローバル人材育成コンサルティング、組織開発コンサルティング、教育研修コンサルティング
企業HP
http://www.alue.co.jp/

ニュース


「 WEICとのeラーニング「超速中国語シリーズ」における販売契約について ~中国ビジネスに強い人材づくりを語学面からも積極バックアップ~ 」のトップへ