サービス

インド自動車業界向け派遣研修

継続的に拡大するインド自動車業界

巨大市場インドにおいて、日系企業のみならず、世界の自動車業界が注目を集めています。現在、世界の自動車業界の主要プレーヤーとなったインドは、2010年度の概況では、四輪車の生産台数は347万台で世界第7位、輸出台数は51万台に及びます。さらに、二輪車においては、生産台数1338万台で世界第2位、輸出台数は154万台となり、今後益々増加の傾向にあります。
こうした背景から、巨大市場としてだけではなく、輸出拠点としての事業展開も見込まれるインドにおいて、今後、世界各国の企業が参入し、競争が激化することが予想されます。

インド自動車業界へ進出する際のポイント

日系企業がインド進出にあたり、インド特有の文化背景や、交通およびエネルギーなどのインフラ整備が遅れているために、市場参入や販路拡大に苦戦を強いられている企業も少なくありません。この状況を打開し、日系企業がインド自動車業界、市場進出を成功させるためには、市場特性、他国・他エリアとの違い、インフラ状況、人材・労務管理の特性と傾向等を十分に理解しておくことが不可欠となります。

  • インド自動車(四輪・二輪)の市場特性理解

自社の展開予定製品と価格帯のセグメンテーション

  • 進出エリアの検討

許認可の容易度、物流・インフラ環境、外資の歓迎度

  • 事業パートナーの選定

販売代理店の選定、サプライチェーンの構築

  • 人的資源の調達・管理、労働環境の整備

人材・工員の調達、労務対策(人事制度、賃金、組合)

インド自動車業界主要集積都市と主要プレーヤー

インド自動車業界派遣研修プログラム

  • Point1 実務経験豊かな講師陣

インドの自動車業界を牽引してきた実務経営者による講演・講義

  • Point2 業界トップ企業への訪問

業界トップクラスのTier1(1次サプライヤー)/Tier2(2次サプライヤー)/Tier3(3次サプライヤー)メーカーへの工場視察・企業訪問

  • Point3 担当者・参加者との交流

講演(企業経営者)所属企業の実務担当者・参加企業様との交流の場

プログラム実施例

日程 午前

(講演・講義、ケーススタディ・
パネルディスカッション)
午後

(工場見学、企業訪問)

1日目 インドの自動車市場の特性を理解する Tier1メーカー見学
2日目 インドで「優良部品メーカー」になるためには? Tier2メーカー見学
3日目 インドのサプライチェーン<見つける・育てる> Tier3メーカー見学
4日目 インドの自動車市場に参入するための事前準備、基礎知識 Tier1メーカー見学
5日目 現地での採用、育成、人事評価、労務管理 Tier1メーカー見学
6日目 「インド自動車業界サプライチェーンの全貌」視察ツアー

※日英通訳にて実施

Alue India Private Limited
1-2-3, 2B Second Floor, "The Pavilion", 3392/2, MG Road, Gurugram, Haryana, India

サービス


ページトップへ