中国人育成

リテンション対策としての育成体系コンサルティング

中国人スタッフが成長を実感でき、幹部候補が育つ仕組みと育成体系を構築し、リテンションを促進する

なぜ、リテンション対策が必要なのか

中国では「中国人のリテンション」「高い離職率」が課題としてあげられています。その原因として、「育成環境や生産性を高める仕組みがない」「自社でのキャリアが描けない」などが考えられます。

中国人スタッフが、組織において成長を実感し、キャリアを描き、会社に対する忠誠心が向上するような人材マネジメント・育成体系の構築を支援します。

リテンションを考える上での前提

リテンションを考える上での前提

現地人材に対して如何に動機付けを行うか

「現在」と「将来」の二つの視点で人材にとって「会社に居続けるための動機」を考える。

リテンションを考える上での前提

アプローチ

人材育成体系構築コンサルティングの継続的サイクル

人材育成体系に基づき、研修企画・プログラム開発を実施します。また、研修実施の結果や貴社の方針、環境の変化を反映し、継続的な改善を通じて、人材が育つ仕組みを構築します。

成長のステップを明確にすることで、育成対象者の中国人スタッフが組織において、自らの成長、キャリアを描けるように導きます。このように継続的にサイクルを回すことでリテンションを促進します。

人材育成体系構築コンサルティングの実施【GOAL】 人材育成体系に基づく研修企画・プログラム開発【PLAN】 研修実施【DO】 人材育成体系の見直し【CHECK/ACTION】