日本人育成

総経理の育成

中国拠点でリーダーシップを発揮し、経営の現地化の推進と業績向上を実現する「総経理人材」の育成が必要

なぜ、総経理人材の育成・リーダーシップが必要なのか

中国や海外でのマネジメント未経験の人材が総経理として中国に赴任することは珍しくありません。また、日本でのマネジメントと現地でのマネジメントでは、多くの違いが存在します。中国事業を成功させるためにも、現地の文化やビジネスに溶け込むだけではなく、現地人材を活かし、業績向上へと導く、「総経理の育成」が必要となります。

アプローチ

【国内準備編】赴任前研修(2日間+フォローアップ1日) 【中国現地準備編】赴任前研修(1ヶ月~)

【国内準備編】赴任前研修

将来の中国事業展開を見据え、中国人後継者の育成、経営の現地化を視野に入れ、総経理としての役割認識と意欲を醸成します。ビジョンの策定・浸透などのマネジメントスキルや、中国人スタッフへの組織に対する当事者意識を醸成するリーダーシップ開発のためのスタンスについて、ケーススタディやワークショップを通じて学びます。

【中国現地準備編】赴任前研修

実際に現地に赴いて拠点開設の準備をしながら、語学、文化、ビジネス商習慣や最新ビジネス動向を理解するプログラムです。