事例紹介 : ドコモグローバルビジネススクール 公募型 英語研修事例

2014/06/16

NTTドコモ様

「徹底的なビジネス英語研修」なかなか出会えない機会です。

――鯉渕:実際に研修を受講されてからは、研修に対してどのような印象をお持ちになりましたか?

福地:想定どおり、「徹底的なビジネス英語研修」には違いなかったですね。なかなか出会えない機会です。
しかし、英語については日頃から「必要になってから始めても遅いのでは?」という意識はありました。東京オリンピック開催も決まり、今後外国の方を相手にしたビジネスが増えていくだけではなく、普通の暮らしの中で外国語に多く関わるようになってから慌てないように、自ら備える意識は充分にありました。そういった意味で言うと、自分にとって大変価値のある研修でした。今は、少しずつ良くなってきた自分の英会話スキルを元に戻らないように努力をしているところです。

阿部:ひとことで言えば、「鍛えられる研修」でした。
ビジネス英語力については、まだまだ自分で意見を述べるのは苦手ですが、「何か発話する」「しようとする」感度はすごく上がったと思います。ALUGOに鍛えられた成果ですね。
ALUGOは、電話での会話がすべてです。聞こえる言葉、話す言葉、耳と口だけのコミュニケーションなので、話さないわけにいかない。
言いたいことが言えずに、あせってパニックになってしまうこともあり、先生からは、とにかく「Be confident」「Be calm」と言われることが多かったです。一時、ALUGOの受講が本当に憂鬱で(笑)。でも何とか次のレッスンは頑張ってみようと取り組みました。今は、鍛えるALUGOに耐えて乗り越えて良かったとつくづく感じています。

アルーインタビュアー

インタビュアー
アルー株式会社
ALUGO事業部 マネージャー
鯉渕 美穂

――鯉渕:私自身も講師として登壇することがありますが、私たちのような研修を企画、実施する役割(立場)にとって非常に重要なのは、受講生の気付き・成長の機会をご提供できたかどうかというところです。
是非、受講後の変化感についてお聞かせください。研修を受ける前と後では、ご自身で自覚できる変化はありましたか?

阿部:語学力や積極性など、ビジネスに直接関わるようなスキルについては、もちろん鍛えられて成長した感覚はあります。それ以上に感じるのは、もっと基本的な「スタンス」に大きな変化を感じています。
これまでは忙しさを理由に家と会社の往復ぐらいで、あまり自分で交流の場に出向きませんでした。しかしこの研修が始まってからは、土曜日も受講のために外に出ましたし、課題に沿って色々調べるために色々な場所に行くようになりました。外に向けたスタンスが変わったことで、自分の世界が大きく広がったのは間違いないです。


国籍の違いを気にせず誰とでも話せる、それがグローバルマインドにつながる?

――鯉渕:個人的には、「グローバル人材としての素地」について非常に興味があります。
私自身、昨年までシンガポールに赴任しておりましたが、語学力で言えばネイティブでは無い。でも、伝わるように積極的に話すなど、グローバルマインドによって基本的なコミュニケーションは出来ていました。そういった意味では、生まれながらにして英語を話せるとか、そういうことより、意識、感覚、目的を持つなどの高い感度のほうがグローバル人材として重要なのでは?と考えています。
ここで少し、社会に出る前のご自身について伺いたいと思います。留学など、積極的に海外に行かれたご経験などがあれば、お聞かせいただけますか?

福地:学生の頃、ヨーロッパを周遊する旅行に行きました。最初はロンドンに訪れ、様々な国の人が集まる施設に宿泊していました。まさにグローバルな環境下で暮らしたあの数十日間が、本当の意味で「英語」に出会った場所であり、時だったと思います。
一番驚きだったのが、イギリス人、アメリカ人が世界各国の人たちと会話を楽しんでいる光景でした。「イギリス人、アメリカ人、英語喋れてすげえな。誰とでも喋れてお得だな。」と、英語がグローバル言語であることを思い知ると同時に、彼らの積極性に圧倒されました。一方、私のような日本人は日本語しか分からない、よってこの場にいる誰とも喋らない。いや、喋れない。「これはまずいな」と思いました。
英語って、文法・単語量に加えて、自信を持って発信し、「どうしても相手と話したい」と思うマインドも大切なのだと痛感したのを覚えています。でも実際には、ALUGOに出会う迄は、「やらなきゃやらなきゃ」と気持ちが先走っていただけでしたが…。

阿部:私も、1週間ですとか2週間の語学研修を英語圏の国で何回か経験しました。ひとりで行く場合は、食事の予約から、何から何まで自分で対応しなければならない。いくつかのアクシデントも経験しましたが、切羽詰った場面が一番成長するものだと実感した記憶があります。

事例紹介

テーマ別事例


「 ドコモグローバルビジネススクール 公募型 英語研修事例 」のトップへ