事例紹介 : まさに、グローバルに活躍するビジネスパーソンを目指しています

2013/11/07

日立システムズ様

会社名
株式会社日立システムズ
従業員数
10,851名 (2013年3月31日現在、単独)
事業内容
システム構築事業 / システム運用・監視・保守事業 / ネットワークサービス事業 / 情報関連機器・ソフトウェアの販売と開発

2012年11月に参加したマレーシアへの海外派遣研修は、1年経った今でも日々の仕事にしっかりと活きているという西上様にお話しを伺いました。

株式会社 日立システムズ金融事業グループ 金融情報サービス事業部 第二システム本部 第二システム部 第一グループ 西上 英亮様

グローバルビジネスの根幹を意識した研修。
新人の私が経験できたことは、大きな幸運です。

株式会社 日立システムズ
金融事業グループ 金融情報サービス事業部 第二システム本部 第二システム部 第一グループ
西上 英亮


まさに、グローバルに活躍するビジネスパーソンを目指しています。

――今の業務内容を教えてください。

「大手クレジットカード会社に向けてシステムを開発しております。最近ひと通り開発が終わりまして、現在はシステムの保守・運用を担当しています。」

――業務上、海外と関わる頻度はどのくらいありますか?

「今のところはほとんどと言っていいほどありませんが、現在関わっているお客様のビジネスでは、グローバルな業務が多くあります。私自身は将来的に自社のグローバル人財として国境を超えて幅広く活躍したいと考えています。機会があれば、お客様の役に立つ形で携わりたいです。海外に視野を広げると、キャリアの幅も広がると思います。」

――海外派遣研修に参加した感想を伺いたいと思います。海外派遣研修先はどちらでしたか?

「マレーシアです。20日間の研修でした。私は今年2年目になる社員なのですが、昨年、まさに新人(社会人1年目)の時に、大きな成長につながる海外派遣研修に参加することができました。」

――マレーシアという国の印象は?

「同じ一つの国の中に、マレー系、中国系、インド系など人種の異なる人々が多く住んでいて、宗教もイスラム教やキリスト教、仏教、ヒンズー教と、異なった複数の信仰がありました。鉄道や道路などのインフラ、Wi‐FiなどのIT環境が充実しており、それぞれ異なる価値観を持った人々が平和にひとつの国としてまとまっていることに驚きました。」

――研修によって得られたものは何ですか?

株式会社 日立システムズ 金融事業システムズ 金融情報サービス事業部 第二システム本部 第二設計部 第一グループ 西上 英亮様

間違いなく、研修に参加したことはビジネススキルアップにつながったと自覚しています。
参加にあたり、グローバルに通じる英語の実践力を鍛えたいと考えていましたが、現地のプログラムは本当に否応無く英語で会話をする環境にあったので、実践的なコミュニケーション能力は成長したと思います。
そういう意味では、どのような言い回しをすれば相手にスムーズに伝わりやすくなるか?とか、スムーズな会話を実行していくためのスキルは身についたと思っています。
英語ばかりではなく、もっと基本的な人と人の問題として、相手に対してスムーズなコミュニケーションを心がける姿勢というものが身につきました。日立システムズの研修制度と、アルーさんのカスタマイズプログラムやアテンドが、非常にうまくコラボした。そんな研修だったように思います。

事例紹介

テーマ別事例


「 まさに、グローバルに活躍するビジネスパーソンを目指しています 」のトップへ