事例紹介 : 英語はツール。 本来の目的は「優れた技術」を売ること

2013/09/02

top

独学には限界があるかもしれない。

アルーインタビュアー

インタビュアー
アルー株式会社 ALUGO事業部
エキスパートマネージャー

鯉渕 美穂

――書籍やリスニングCDなど、独学で何かやられていましか?

「モチベーションが上がった時に買った本やCDを使っていました。たまにこう、英語で挫折感を味わって、やる気が出た時にまたやって。朝の出勤時に、例えばNHKのラジオを聞いて学習していた時もありましたし。このALUGOをはじめてからは、ALUGOコーチが進めてくれるものを積極的に取り組んでみたりしています。自分の体験からアドバイスをいただけるので、効果的な予習復習がわかりますよ。

――英語の学習に向かう「やる気のタイミング」を教えてください。

海外出張では、英語のコミュニケーションでは日本語で話すほどのパフォーマンスを発揮できない。仕事上、国益を損なっている可能性がある…と考えてしまうんです。ある程度用意していった内容は話せますが、ディスカッションになってくると、ゼロに近いくらいパフォーマンスが落ちてくる。例えば、50%くらいのパワーでも勝ち取れたのかもしれないような案件がうまくいかなかった場合などは、やっぱりこう、つらいですね。そういう経験値が、『ほんとうに頑張らなければ!』という奮起のきっかけになりましたよね。」

効果を実感したのは、ALUGOをはじめてから。

独立行政法人受講者様

――英語学習での「やる気のタイミング」と「継続できる学習の特徴」を教えてください。

「あくまでも自分の体験ですが、継続については、やはりルーティン化できる方法が良いと思います。机に向かう時間を作る、学校に通う時間を作るというのは、忙しい私にとってはルーティン化できるものでは無かった。朝の通勤時に聞くリスニングとか、移動時に読む本とか「できることを毎日」が私の「継続できる学習方法」ですね。やる気のタイミングって、やらされて大丈夫な(笑)時のことかと…」

――この時、けっこう、自分自身伸びたな」と、変化を感じた事はありましたか?

「正直に言って、あまり思った事は無いですね。
 ALUGOを始めて、特にその、文章を作るのを3秒以内で話なさいってあるじゃないですか?とまらずに。ああいったレッスンのおかげで、簡単な言葉は出てくるようになったと思いますし、日本語レッスンの時に文法を教えてもらったり、身についています。ほんとに昔、英語をサボっていたんだなあって、すごく良くわかって。 
 過去を振り返っても、基本を固めてから英会話スクールに行った方が良かったのかなというのは、今回、少し思っています。もともと、英語を話したくないわけではない。でも、話したいけれど話せない、言葉にできない感覚がストレスだったので、ALUGOのトレーニングがその辺すごく壁を無くして、効果を実感したなあという気がしています。

日本語コーチの復習は、ほんとうに良かったです。

――実際ALUGOを受講されて、ご自身にとってどのくらいの時間・頻度の受講が適当だと思われますか?

日本人コーチのレッスンはMAXの1時間で受講していました。多分、本日のカリキュラムが終わってから復習する時間も少し残して調整してくれていて、この復習はすごく良かったです。時には色々私が質問して、始めにお願いした時間が延びた事もあったと思いますが、3秒で話すように指導された受講は、色々と含めて1時間くらいがちょうど良かったかなあと思っています。海外のコーチに関しては、もう、疲れちゃって(笑)。30分くらいが自分にはちょうど良いですね。10分だとなんだかよくわからない内に終わってしまうし、1時間だと疲れちゃって。疲れて身に成らなければ本末転倒ですからね。海外のコーチのレッスンは、30分受講すると2~3くらい設問にトライできるんです。それくらいがちょうど良かったです。
 平日、日本語コーチのレッスンを受ける時には、積極的にどんどん予約を入れるようにして、それ以外の、移動とか空いた時間には10分でも30分でも海外のコーチにお願いするようにしていました。自分には最適なレッスンのペースでしたね。」

――最期に、英語に関する現在の思い、外に向けて伝えたいことなど、お聞かせいただけますか?

「頭の中の発想力や、技術力で優れた人が、英語ができないことで、折角の豊かな財産を無駄にして損をしている。そういう状況を目の当たりにすると、ほんとうにもったいないなあと感じます。
 語学はツールに過ぎなくて、本当の技術力をグローバルに活かさなければならないのに、日本語と同じパフォーマンスを英語でできないのは…。つらい。私の職場には、どうしたら国が良くなるかを考えている人が多い。そんな中で、どこに行っても語学のバリアをとっぱらい、やるべきことが普通に進めていけるようにしたいと思います。何しろ、視点を高く持ちたいですね。今まで、ひとつの技術に注目しすぎて、俯瞰で見れていなかった気がします。 英語力の成長とともに、視野を広げて、『この件は世界的に大切かどうか』という目で見て行きたいですね。取り扱う資源で、技術など活性化し、そのためには国際会議等で感じる文化の違い風土の違い感覚の違いを超える認め合いができるように国際的バランス感覚を身に付けたいですね。」

終始穏やかな笑顔で応じてくださった工藤祥裕様。
時々まっすぐ強い視線で前を見据えながら言葉を選んで正確に答えてくださる。そこには、ご自身の役割、会社からの期待、ひいては国からの期待について常に考えていらっしゃる工藤様の真摯な姿勢がありました。
すぐに赴任先にご出発…という時でしたが、お忙しい中、大変貴重なお話しを伺うことができて、心より感謝しています。
工藤様、ありがとうございました。

事例紹介

テーマ別事例


「 英語はツール。 本来の目的は「優れた技術」を売ること 」のトップへ