レポート : 「若手・中堅リーダーシップに対する期待と不安」 35歳以上管理職意識調査

2008年12月05日


アルー株式会社

この度、若手・中堅層の育成を考えるために、アルー株式会社(代表取締役社長 落合文四郎、東京都渋谷区)は、彼らを部下・後輩に抱える35歳以上の管理職300名(従業員300名以上の企業、課長クラス以上)を対象に、リーダーシップに関する意識調査を実施しました。

調査結果概要

この結果、管理職のほぼ全員が、4~7年目の若手・中堅層に対してリーダーシップの発揮を期待していることが明らかとなりました。多くの管理職がその期待を何らかの形で本人に伝えられており、その期待を本人も自覚しているという認識のようです。しかし、中堅・若手層がリーダーシップを発揮していくことについては、過半数が不安に感じているようです。

さらに、何年目ぐらいからリーダーシップの不足を感じ始めるかを調査するため、管理職に自らを振り返ってもらったところ、入社後5年以内との回答が6割以上となりました。このことから、部下・部署を任されるよりも早い段階から、周囲を巻き込んで仕事を推し進めるなどのリーダーシップ力が求められていることがうかがえました。さらに、リーダーシップを発揮していくために重要な要素は「自分の考えを持ち、目標を共有し、信頼関係を築くこと」であり、特に「自分の考えを持つこと」については、若手・中堅層にとって大きな課題として捉えられているようです。その一方で、既に彼らがリーダーシップを発揮するために必要なレベルに達していると思われる要素も多いことから、現状で彼らがリーダーシップを発揮できていない要因が、周囲からの期待と本人の意識のズレを埋めきれていないことによる可能性がうかがえる結果となりました。

今後の企業の将来を考える上で、スキル・経験が培われた団塊世代の大量退職に伴い、これまで成果のみを優先されてきた若手・中堅層に対する期待は大きいのではないでしょうか。彼らに求められているのは、役割ありきのリーダーシップではなく、自分の考えを持って、目標をメンバーと共有し、さらに周囲との信頼関係を築きながら仕事を推し進めていくリーダーシップです。それらを実行できる若手・中堅層を育てていけるかどうかが、企業の明暗を分けるのではないでしょうか。

なお、本調査の設問中の「中堅社員」とは、「入社3年以上が経過し、管理職になる前の入社4~7年目層」として設問の回答を得ました。

実施要項

調査期間
2008年11月24日(火) ~ 2008年11月25日(水)
対象企業
従業員数300名以上
対 象 層
35歳以上の大卒・大学院卒以上の管理職

調査結果抜粋

役職に関わらず、中堅社員が現場でリーダーシップを発揮してくれることを期待していますか。

  • はい(97.7%)
  • いいえ(0.3%)

今の中堅社員が、部下や部署を引っ張っていくのにあたり、不安を感じていますか。

  • とても不安に感じている(8.3%)
  • やや不安に感じている(46.0%)
  • どちらとも言えない(27.7%)
  • あまり不安は感じていない(17.7%)
  • まったく不安は感じていない(0.3%)

あなたがリーダーシップを発揮する時に、重要だと思うのは何ですか。

  • 自分の考えを持つこと(80.0%)
  • 目標をメンバーと共有すること(76.7%)
  • メンバー・関係者との信頼関係を維持すること(70.3%)

※本レポートは法人企業の人事・教育研修・人材開発ご担当者様向け資料となっております。結果詳細をお知りになりたいお客様は、下記お問合せフォーム、またはお電話にてお申込みください。

※お申込みの際は、会社名・部署名・会社ご連絡先を必ずご記入ください。

※同業の方からの資料請求はご遠慮いただいております。

コラム-テーマ別

レポート-テーマ別


「 「若手・中堅リーダーシップに対する期待と不安」 35歳以上管理職意識調査 」のトップへ