コラム : alue’s DNA  アルーと自分の「志」にブレが無い。仕事を進める上で、それこそが大きな強み。

2015年02月12日

alues-DNA

アルー株式会社では、お客様に最大の価値をご提供するために最適な組織体制を構築しています。存在する部署のそれぞれは、自分たちの役割を十分に理解・認識し、お客様のために何をどこまでやりきれるか、可能性の向こう側まで考え抜いています。

alue’s DNAでは、各部署を代表する社員に役割と業務内容、最近のトピックをインタビューしたものをご紹介します。


アルー株式会社 HRC市場開発部

アルー株式会社 HRC市場開発部

市場開発3グループ グループマネージャー
篠原正道(SHINOHARA MASAMICHI)

既存のお客様との信頼関係を築き、アルー創業以来初となる受注額を達成。現在は市場開発部グループマネージャーの役割を担い、後進指導も合わせ、新規のお客様との関係性構築に邁進している。


【市場開発部】

まだアルーとお取引の無いお客様に向けてビジネス人材育成における情報発信を行い、価値のご提供につながるまでの活動役割を担う。


――篠原さんがコンサルタント業務の中で一番大切にしている指針を教えてください。

お客様との「関係性構築」です。これは揺るぎ無い私の行動指針であり、信念でもあります。
具体的にはお客様の信頼を得るために常にお客様にご提供できる「価値」を考え、行動することが基本になりますね。私は常に「信頼されるパートナーであること」を意識しております。例えば、お客様が問題や課題を抱えた時に、相談相手としてまず私を呼んでいただけること。その関係が貴重であり、大切だと考えております。もちろん、信頼を得るということは簡単なことでは無いですし、誠意を以って少しずつ信頼を得、より深めていかなければなりません。私の場合は、直接お客様へ足を運ぶことが信頼を得て関係性を構築する上で最重要と考えており、足を運び直接訪れることを徹底的に意識しています。

――ご自身の信念は、アルーという組織の中で活かされていますか。

これは大変大きな強みと言えますが、アルーが実践する「お客様ととことん寄り添う」「お客様に価値を提供するためにできるまでやる」という組織全体の姿勢が、私個人の行動指針や信念と変わらない。つまり、アルーと自分の「志」にブレが無い。ですので、日々活かされて仕事ができていると思います。

――実際の活動について伺います。平均的な1日の行動を教えていただけますか。

aluesDNA関係性構築

基本的に、午前中に2社、午後に3社、1日に5社のお客様訪問、商談の場を作るようにしています。アポイントをとって伺うという関係性の段階から、旬の新しい情報を持参して「お客様にとって必要な情報の提供」による突然の商談ができる関係性構築までを意識しております。お客様の抱える問題を常に気に掛け、それに対して真摯に向き合いご支援差し上げたいとの思いをお客様に伝えるには、直接お会いすることが最善だと思っております。ビジネスも人と人です。重ねてお会いしているうちに「本音」の相談をしてくださるようになります。お客様のために幾度も直接足を運ぶという行動が間違っていなかったと改めて確信する瞬間ですね。

コラム-テーマ別

レポート-テーマ別


「 alue’s DNA  アルーと自分の「志」にブレが無い。仕事を進める上で、それこそが大きな強み。 」のトップへ