コラム : alue’s DNA  アルーと自分。今も変わらない “ エネルギーの強さ ”

2015年01月22日

――2015年、商品開発を担う立場から、ALTeeを展開する上での目標を聞かせてください。

個人的な想いになってしまうのですが、「標準的」なものにできたら嬉しいと思います。そもそもALTeeは自ら成長する習慣をつくるものだと思っておりますので、お客様には研修をご依頼いただくのと同時に、ALTeeも当たり前のようにご依頼いただくといった流れを作りたいですね。それが最終的なGOALだと思っています。

――この先の未来で、「こういう研修サービスを開発したい」という目標を聞かせてください。

alue DNA アルー株式会社 商品開発グループ

「いかに変化をもたらすことができるか」「それは本当に必要とされているのか」、この2点の課題に徹底的に応えていきます。これは、研修や研修に付随するサービスを開発する者にとっては、未来の目標というより、そうでなければならないものだと考えています。もう少し細かいところでは、 「深さ」 「わかりやすさ」「使いやすさ」を追求しています。これも「そうでなければならない、常に目指すもの」です。

例えば「分かりやすさ」であれば、論理的な構成(例:WHAT、WHY、HOW)で平易な言葉を使い、「深さ」であれば、本質的なポイントや一言で表現する方法を徹底的に議論し実際の研修に反映します。

「使いやすさ」であれば、日常でどう使えるかというところまで落とし込んで(例:ロジカルシンキング3つの口癖)、こだわり抜いた後でようやくリリースします。

人材育成、成長の分野では、学術的な理論やバックボーンもありますが、やはり、それと現場である実際のビジネス環境は少し乖離しており、そのまま開発に活用するのは難しいところもあるので、いかにビジネスの現場をふまえて使いやすい形に変換するかが「我々の腕の見せ所」なのではないでしょうか。

わかりやすさ、深さ、使いやすさを正しく追求するのがアルーの信念でもあり、私の方針・指針でもあります。これは、アルーがご提供するサービスのすべてに込められている想いですので、そこはブレていません。自信を持ってお伝えできる今も未来も変わらないアルーの目標と言っていいのではないでしょうか。

コラム-テーマ別

レポート-テーマ別


「 alue’s DNA  アルーと自分。今も変わらない “ エネルギーの強さ ” 」のトップへ