ALUGOを御検討中の企業様へ

ALUGOをご検討中の企業様へ

人材育成で組織を活性化するアルー株式会社は、英会話ソリューションの市場においても「育成=真の成長」に焦点をあて、他との差別化を実現いたしました。ALUGOのサービス構成の支柱は、他の追随を許さないアルゴリズムメソッドです。

ALUGOのサービス内容は、ビジネスパーソンの成長を一番の目的にして構成されています。
TOEICでハイスコアを持つビジネスパーソンでも話すことが難しい場合が多く、これは大変残念で、グローバル化を進める企業にとって大きな「見えない損失」となっています。 聞くこと、書くことができる場合、そのままのレベルで話すことが可能なのか? 答えはNOです。
聞くだけ、書くだけにおいては、「わかったつもり」「時間の制約がない」といった状況の中で「変換」してしまう場合が多く、
言語→言語ではなく、話すべき内容→日本語→英単語・文法→英語→言語というクセに陥りがちです。

例えば、TOEIC600点以上でも英語を話せない方は英語の基礎を充分に習得していらっしゃいますが、話すことに即変換する技術に不足があると考えられます。ALUGOが提供するアルゴリズムメソッドは、カリキュラム進行の際、3秒ルールという「即、話す」というトレーニングを採り入れております。

すでに理解している英語の文法、単語を、日本語の頭で「正解に変換」するのではなく、「通じる英語」に変換するように鍛えるためです。

例文

どちらも正しい表現であります。自分の感覚で主軸に選んだものをまず話してしまい、そこにさらなる情報を付加する力をつけていく。徹底的に繰り返し、身につける。それがALUGOの原則です。

また、聞くことができる・・と思っている場合、実は、聞けばそのまま記憶に刻み込まれるという誤解のもとで「話せるはず」と認識している例が多くあります。

アルゴリズムメソッドは、論理アプローチ

経験的なアプローチ

  • 親の話から、音と意味を学ぶ
  • 幼少時はそれを習得しやすい。ただ大人になってくると経験脳は閉じてくる

論理的なアプローチ

  • 語学の論理は文法なので、文法を駆使して学ぶ
  • 大人になったときの強みはロジックが理解できるところ
    • ロジックが理解できていれば単語の構成に活きる

大人であるビジネスパーソンにとって、論理的アプローチで習得するALUGOのサービス内容は、最適な英会話ソリューションと言えます。

トライアルで体感してみませんか?

社員教育のご担当者様をはじめ、所属部署での活用をお考えの役職者の方、企業として ALUGOの導入をご検討されている皆様にお知らせです。

アルー株式会社ALUGO事業部では、ALUGOを実際に体感していただけるトライアル制度を設けております。
実際のサービスと同様にトレーニングを進めますので、決裁のための実証としてご活用い ただけると思います。

トライアル条件

アセスメント:レベル判断のため、事前に受けていただきます。(こちらは有料となります)

受講時間:弊社営業担当とご相談の上、適切な受講時間を判断させていただきます。

その他:各企業様、ALUGO導入のご検討者様1名とさせていただきます。

トライアルの前に、もっと詳しく知りたい方には詳細のセミナーにご招待しております。

ご要望、ご質問などありましたら、お気軽にALUGO事務局までお問い合わせください

アルー株式会社 ALUGO事業部
電話番号:03-6268-9791

pagetop