ALUGOとは...

ALUGOとは...

やさしく、鍛える。ALUGO。

「ビジネス人材育成を通じて世の中に貢献したい」というアルー株式会社の企業理念のもと、ALUGOは「やさしく、鍛える。ALUGO。」というキーワードを発信させました。 溢れかえる英会話トレーニングの、教室・教材・WEBコンテンツ。はたして常に成長を目指すビジネスパーソンに、「教室に通う時間があるのか」「自分に合った教材があるのか」「都合に合わせてWEB環境が常に整っているのか」。

ALUGOは、電話でどこでも、予約もできる英会話ソリューションです。ビジネスパーソンがビジネスパワーを蓄え、ビジネスシーンに最大限活かせるように「圧倒的な利便性」を提供します。そしてALUGOは、英会話トレーニングというよりもトレーニングと呼ぶに相応しい「徹底的に鍛える」姿勢でカリキュラムを構成しています。

ビジネス × 成長 × 電話でどこでも

ALUGOはトレーニングを受ける個々のビジネスパーソンに、厳しさという本当のやさしさで、成長をサポートするのです。

やさしく=簡単便利、フレキシブル。そして何より、あなたのために。
鍛える=効果実証済みの骨太カリキュラムで徹底トレーニング。

本当のやさしさは、その瞬間にソフトであるばかりではいけません。成長・結果をもたらすために、厳しい姿勢でサポートする。それが、ALUGOのやさしさなのです。

ALUGO コンセプト

Point1: 電話でどこでも

ALUGO コンセプト

特別な環境を選ばず、携帯電話ひとつで受講可能。

圧倒的利便性

簡単なようで簡単じゃない、どこでも、携帯電話さえあればできる英会話トレーニング。ALUGOは、条件を選ばない環境も「やさしさ」としてこだわります。
くつろいだパジャマ姿でも、早朝のノーメイク姿でも、電話だから適う、どこでもトレ ーニング。さらに、15分の空き時間で充分なトレーニングができるのはALUGOだけです。


Point2: アルゴリズムメソッド

アルゴリズムメソッド

論理的アプローチで大人の成長を呼び起こす、ビジネスパーソンのための成長メソッド。

高品質

アルー株式会社のグローバルイングリッシュ研修でも好評だった「大人のためのトレーニ ングメソッド」を更に進化させ、発信中心の高密度トレーニングを実現。100時間で話せるようになるカリキュラムです。

論理アプローチ

聞くことで経験し、言語を習得する「言語形成期」には経験アプローチ(何度も繰り返し聞くことで習得する)が有効ですが、ビジネスパーソン、つまり「大人」になってからは、論理的アプローチが必須と言えます。

英会話習得で言えば、「文法」=論理の習得能力で、相手の違いや場面の違いにも応用が効く語学学習が行えるのです。ALUGOは、経験アプローチではなく、論理アプローチを採用し、受講者の習得能力を最大限に引き出します。


Point3: 徹底したトレーニング

徹底したトレーニング

導入期のアセスメント、アセスメントコーチング、ALUGOレベル指標に則した「これで もか」トレーニング。

カスタマイズ

一人ひとりにあったトレーニングをカスタマイズ。ALUGOでは一人ひとりの現状や目標、トレーニングに使える時間に応じてカリキュラムを最適化します。

短期間徹底トレーニング

ALUGOは1指標ごとのグレードを1つ上げる(例:BasicのGrammar 「C」⇒「B」) ために、10時間の期間を設けてトレーニングを進めます。 前回のトレーニングを忘れてしまうその前に、ALUGOコーチがあなたを成長に誘います。

  • Speaking
    「書いて、聞く」より、とにかく話す。
    ALUGOは、言語習得のための一番の方法は、Speakingであると考えます。特に日本人はSpeakingが一番弱く、よりたくさん英語を話してみることが、話せるようになる最良の道です。
  • 英語で英語
    英語トレーニングで鍛える。
    ALUGOは、レベルによって対応は変わりますが、基本的にトレーニングは英語で行います。ただし、日本語を理解したコーチが対応するので安心してください。

アセスメント

本当に話せるかどうか分からないTOEIC指標ではなく、実際の会話に基づき、「基礎的な英会話力がどのくらいあるか」や、「ビジネスの場面でどのくらい通用するか」を受講生のレベルに合わせたアセスメントで測定。


Point4: 多彩なコーチ

多彩なコーチ

日本語、英語、カリキュラムに応じて対応できる多彩なコーチ陣。
※初心者向け導入部分に関しては、日本人ネイティブレベルコーチによるサポートも可能で す。

コーチ(トレーニングコーチ)の多様性

ネイティブ、各国イングリッシュスピーカー。英語圏各国の会話の特徴を、多様なコーチによって理解できるようにトレーニングを実施します。
実際に活躍するビジネスパーソンは、話す相手が特定されていないはずです。ネイティブと話せても、インド人の英語がわからなければインドでのコミュニケーションは難しく、他の国の英語が聞き取れなくては通用しません。

ALUGOの高品質なトレーニングを担うコーチの採用には厳しい基準を設定しています。

  • 英語コーチ以外のビジネス経験があること
  • ALUGOアセスメントを受け、ALUGOレベル10以上であること
  • 研修1(アルーの研修実績の中で「ビジネススキル」と概念づけされるもの)を受けること
  • 研修2(電話でのコミュニケーションスキルの実質研修)を受けること

多様なコーチとトレーニングできるのは、ALUGOだけの強みと言えます。



pagetop